カードローンとキャッシングの他のローンの違いは金利

カードローンとキャッシングは、最近ではほぼ同じ意味で使われています。これらの金融商品と他のローンの違いは、金利にあります。

カードローンとキャッシングは、無担保・無保証のローンです。例えば、住宅ローンでは、住宅に抵当権を設定します。もしもローンの返済ができなくなったら、住宅を売却してローンの返済にあてるので、銀行としてはリスク対策となり、債務者としてはローンが返済できなくても住宅を売ることで解決できるので、リスクの軽減となります。もちろん、ローン残高よりも住宅の価値が低いこともあるので、リスクがゼロというわけでもありません。

無担保・無保証のローンでは、金融機関側のリスクが高いので、金利は高めとなっています。金利を高くして、利息をたくさんとることで、リスク対策としています。

無担保・無保証のローンとしては、ブライダルローンやデンタルローン、教育ローンなどの目的別ローンもそうです。自動車ローンについても、車を担保に入れることがありますが、銀行の自動車ローンは無担保・無保証であることも多いです。

同じ無担保・無保証のローンでも、目的別ローンは金利が低めになっています。これは、結婚資金のため、自動車購入のため、教育のためといったように、目的がはっきりとしているため、銀行側のリスクが低いと考えられるためです。

カードローンと即日融資では、資金使途が自由なので、ギャンブルやキャバクラなどで浪費されてしまう恐れもあります。リスクが高いため、金利は高くなっています。

Comments are closed.