不動産売却の契約の流れについて

不動産売却を決意したときにまず査定から始めます。査定が終わって納得のいく数字であれば次に媒介契約を結ばなければなりません。契約方法は3つです。専属専任媒介と専任媒介、一般媒介です。どれにするかによって売却手法が変わってきますので、どれでもいいというわけにはいきません。不動産会社の話をよく聞いたうえで、一番合っていると思うものにしてください。不動産売却が成功するかどうかがかかっています。そして売却を開始します。広告活動やレインズという不動産流通機構が運営しているネットワークシステムへの登録などを不動産会社がして、希望者がいれば見学会を行います。そして購入者が現れたら売却条件を決定していきます。購入希望金額、物件引き渡し日、代金支払い方法などを決めていきますが、ここで不明確な希望を出していると後で困りますので、はっきりと自分の希望を伝えるようにしてください。売却が売り手と買い手で納得のいく条件になると、いよいよ売買契約を結ぶことになります。契約の前にはさまざまな取り決めをしなければなりません。設備面、傷んだ箇所の補修をどちらが受け持つか決めたりなど、事前に双方が納得のいくようにしなければなりません。そして契約書を取り交わします。取り交わした後は手付金の受け取り、仲介手数料の支払いなどを済ませます。また、抵当権の抹消などもします。決済が終わったら鍵の引き渡しをして終了です。売却益が出た場合は所得税などの税金も納めることを忘れずにしてください。

Comments are closed.